廃車になった車はどのように取り扱われる?

廃車は一時抹消と永久抹消がありますが、中古車として扱う場合は一時抹消となります。廃車と言っても車としての価値を見るか、部品として見るかで大きく変わってきます。もちろんすべてがスクラップされるわけではありません。

廃車買取りサービスの場合は廃車手続きが無料ですが、多くは車を無料で引取る形となります。車によっては中古車として価値がある場合もあり、その場合は通常の買取を行うケースも有るようです。部品として扱う場合には永久抹消として扱う場合もありますが、部品の輸出前提の場合は一時抹消した後、輸出時に永久抹消をするケースもあります。

廃車買取りサービスは多くの業者が参入してきていますが、廃車手数料、運搬費を無料化しても十分成り立つといわれているのは海外の部品需要があるからです。日本車の場合は特に海外での人気が高いので日本で不動車扱いであっても部品としては高値で取引されるケースが多いです。また、パーツについては年式によってはプレミアム価格となっているケースもあり、各買取業者ではそういったプレミアムの廃車を探している場合も多いようです。

廃車といえば利用できないイメージを持つ方が多いですが、解体技術が向上しており、部品としての価値を見いだせていますし、最後は原材料として販売できるので手続きを無料化しても十分成り立つ商売となっています。